滅菌と消毒について

 

つばさ歯科では、皆様の安全と、スタッフの安全両方の観点から、スタンダードプレコーションの考え方に基づき、滅菌、消毒に力を入れています。
手間や経費はかかりますが、これを遵守することは「あたりまえのこと」と思うからです。



**スタンダードプレコーション 標準予防策とは**

すべての人の血液、すべての体液(汗をのぞく)、粘膜そして損傷皮膚は、感染性があるものと考えできるだけ直接接触することを避け、院内感染を予防する方法です。


当院では、下記のようにして滅菌、消毒を行っております。
◆◇◆患者様が使う基本セットです。◆◇◆

一人ずつ滅菌パックに入れ、セットしてあります。
水やエアーの出るスリーウエイシリンジの先も患者様ごとに滅菌しています。
もちろんエプロン、コップ、グローブは患者様ごとにディスポです。
◆◇◆オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。◆◇◆

器具は洗浄し薬液消毒を行った後に、滅菌パックに入れてからこのオートクレーブにかけて器具を滅菌します。
◆◇◆フレッシュケアです。◆◇◆

歯を削ったりするタービンやハンドピースなどを、患者様の診療が終わる都度、この機械で洗浄し注油します。その上でオートクレーブにて滅菌処理を行います。
◆◇◆滅菌された状態の器具です。◆◇◆

オートクレーブで滅菌できるものについては、すべて滅菌します。
治療に使う際のバーやリーマーも個別に滅菌しています。
◆◇◆超音波洗浄器です。◆◇◆

歯を削るためのバーなどは、この超音波洗浄器にかけ、細かい汚れを取ってから滅菌しています。
◆◇◆薬液消毒 アセサイドです。◆◇◆

オートクレーブで滅菌できないものについては、薬液消毒を行います。肝炎の場合などに消毒を行うのはグルタールアルデヒドの製剤が多いのですが、アセサイドは自然成分であり、安全性と環境の為に過酢酸であるアセサイドを使用しております。
アセサイドは、ウイルスを5分で殺菌、10分で滅菌できる薬液製剤です。
◆◇◆スリーブを使用しています。◆◇◆

機器によっては、滅菌、薬液に一定時間浸漬することができないものがあります。(口腔内に入れる光照射器の先など)
その際に、器具にスリーブ(薄いビニール様のもの)を使用し、患者様の口腔内に直接触れないようにしています。
使用後はスリーブをはずし、アルコールで拭き、次の患者様の使用前に新しいスリーブを装着します。





◆◇◆バリアフィルムです。◆◇◆

感染予防のために使用する接着性のフィルムになります。
歯科のチェアのライトを握る部分や、チェアの操作板のところに使います。
患者さんごとに取替えです。

つばさ歯科では、このようにして安全に歯科治療に取り組めるよう、努力しています。